ビハクシアとビハキュアの違いを徹底比較!気になる美白成分は?

ビハクシア ビハキュア 違い スキンケア
*このブログでは、プロモーション広告を利用しています*
*このブログでは、プロモーション広告を利用しています*

美白クリームで人気の、ビハクシアとビハキュア。

どちらも「医薬部外品」であり、厚生労働省がその効果を認める有効成分を配合しているので、効果や違いが気になるところですよね!?

いちばん気になる美白成分は、ビハクシアに3種類、ビハキュアには2種類が含まれています。

 

この記事では、それぞれの成分の詳細や価格・サービスの違いを比べてみました。

 

created by Rinker
ビハクシア 
¥1,980 (2024/05/29 01:26:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
自然派研究所
¥9,970 (2024/05/29 01:26:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

ビハクシアとビハキュアの美白成分の違い

まずはビハクシアとビハキュア、それぞれの美白成分を比べてみましょう。

ビハクシア ハイドロキノン誘導体・ビタミンC誘導体・グリチルリチン酸2K
ビハキュア ハイドロキノン誘導体・トラネキサム酸

ビハクシアには3種類、ビハキュアには2種類の美白成分が含まれています。

どちらにも含まれているハイドロキノン誘導体は、メラニンの黒色化を防ぐ働きがあり、シミやそばかすの予防効果があるものです。

 

ビハクシアに含まれるビタミンC誘導体は抗酸化力が強く、活性酸素の発生を抑えてメラニンを抑制する働きがあります。

また、肌の新陳代謝を高める働きもあるので、肌のターンオーバーが促されて、ハリやうるおいを与えます。

グリチルリチン酸2Kには、ニキビや肌荒れを抑える効果のある成分です。

 

一方、ビハキュアに服荒れているトラネキサム酸は抗炎症作用があり、肝斑の改善効果が認められているものです。

 

ビハクシアは肌のターンオーバーを促すことでシミができにくい肌に導き、ビハキュアは色素沈着を抑制することでシミの改善を図るといった感じでしょうか。

美白へのアプローチ法が少し違いますね。

 

ビハクシアとビハキュアのサポート成分

ビハクシアとビハキュアの、美白成分以外のサポート成分は以下の通りです。

うるおい成分

●ビハクシア

・黒砂糖エキス
サトウキビから得られる成分で、保湿効果があります。

・シュガースクワラン
サトウキビから抽出された、天然の保湿成分です。

・パイナップル由来セラミド
パイナップル由来のセラミドには、肌の水分を閉じ込めてうるおいを保ち、肌のバリア機能を高める働きがあります。

・濃グリセリン
吸水力が高く、保湿効果の高い成分です。

・メドウフォーム油
北アメリカ原産の植物・メドウフォームの種子から得られるオイルで、肌に保水性の膜を作ってうるおいを保ちます。

 

●ビハキュア

・濃グリセリン
・メドウフォーム油
上記、ビハクシアと同じ

・スクワラン
皮膚表面の水分や皮脂と混じって肌に膜を作り、乾燥から肌を守る天然成分です。

・水添大豆リン脂質
大豆に含まれるリン脂質に水素を添加させた、自然由来の界面活性剤で、角質層の水分を保って肌を守る働きをします。

 

各種天然成分

●ビハクシア

オレンジ果汁・レモン果汁・サンザシエキス・グレープフルーツエキス・ビルベリー葉エキス など

●ビハキュア

アロエエキス・天然ビタミンE・酵母多糖末・チンピエキス・ウメ果実エキス・シルバーバイン果実エキス

 

ビハクシアとビハキュアの成分表

ビハクシアとビハキュアの全成分表は次の通りです。

ビハクシア成分

ビタミンC・2‐グルコシド、アルブチン、グリチルリチン酸2K

オウバクエキス、ノニ果汁、大豆エキス、ライム果汁、ローズマリーエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、オレンジ果汁、黒砂糖エキス、ヒメフウロエキス、メリッサエキス、レモン果汁、オウゴンエキス、レモングラス抽出液、イザヨイバラエキス、パイナップルセラミド、サンザシエキス、タイソウエキス、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、ビルベリー葉エキス、水添大豆リン脂質、シュガースクワラン、エチルヘキサン酸セチル、1,3‐プロパンジオール、ベヘニルアルコール、濃グリセリン、BG、SEステアリン酸グリセリル、1,2‐ペンタンジオール、アラキルグルコシド・アラキルアルコール・ベヘニルアルコール、ステアリン酸ポリグリセリル、POE硬化ヒマシ油、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、メドウフォーム油、ジメチコン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、キサンタンガム、エタノール、天然ビタミンE、ピロ亜硫酸Na、水酸化Na、無水クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、フェノキシエタノール、精製水

<出典:ビハクシア公式サイト>

 

ビハキュア成分

トラネキサム酸、アルブチン

BG、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマー、水酸化Na、スクレロチウムガム、フェノキシエタノール、スクワラン、メドウフォーム油、トリエチルヘキサン酸グリセリル、セテアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、ジメチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、SEステアリン酸グリセリル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、水添大豆リン脂質、天然ビタミンE、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、ピロ亜硫酸Na、1,2-ペンタンジオール、アロエエキス-2、酵母多糖体末、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、チンピエキス、ウメ果実エキス、シルバーバイン果実エキス

<出典:ビハキュア公式サイト>

 

全成分表を見てみると、ビハキュアよりもビハクシアの方が、天然由来の美肌成分を多く含んでいることがわかります。

 

ビハクシアとビハキュアの無添加成分

ビハクシアとビハキュアそれぞれ、添加されていない石油系化合物は次の通りです。

●ビハクシア

紫外線吸収剤・鉱物油・香料・パラベン・動物性原料

 

●ビハキュア

紫外線吸収剤・鉱物油・香料・着色料・パラベン・アルコール

 

 

上記の成分表を見て気付いたことは、防腐剤であるフェノキシエタノールが表示されている位置です。

成分表では、含まれているものが多い順に書かれています。

防腐剤であるフェノキシエタノールの書かれている位置が、ビハクシアは最後の方に、ビハキュアは割と最初の方に表示されています。

1回の使用量に対する詳細な含有量までは記載されていませんが、全体量に対する防腐剤(フェノキシエタノール)の量はビハキュアの方が多いと言えますね。

 

一方、敏感肌の方はできるだけ避けたいアルコールですが、ビハキュアは無添加、ビハクシアにはエタノールが含まれています。

ビハクシアはエタノール(アルコールの一種)を微量に含んではいるものの、多くの天然由来成分でカバーしているといったところでしょうか。

 

ビハクシアとビハキュアの価格の違い

それでは、ビハクシアとビハキュアの公式サイトでの価格を比べてみましょう。

ビハクシア(1本27g) ビハキュア(1本32g)
通常価格 9800円 9980円
定期コース 初回1980円(81%OFF)

2回目以降4980円(52%OFF)

初回1980円(80%OFF)

2回目以降5980円(40%OFF)

その他特典 ・初回クレジット決済で300円ポイントプレゼント

・続けるたびに、購入代金の3%を還元

・初回クレジットカード決済で500円ポイント還元

 

通常価格はさほど変わらず、定期コース利用の初回価格は同じですね。

定期コース2回目以降の価格が、ビハクシアの方がひと月当たり1000円割安という結果になりました。

 

最後に

医薬部外品の美白クリーム、ビハクシアとビハキュアの成分と値段について比較してみました。

 

私の個人的な意見としては、美白成分や天然由来成分が多く配合されていて、定期コース申込み後の特典が多いビハクシアに軍配といった感想です。

詳細をさらに確認したい方は、それぞれの販売サイトを見てみてくださいね!

created by Rinker
ビハクシア 
¥1,980 (2024/05/29 01:26:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
自然派研究所
¥9,970 (2024/05/29 01:26:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメント